2007 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by foulking at --:-- | トラックバック(-) | Comments(-)スポンサー広告 | このエントリーを含むはてなブックマーク

電動自転車が盗まれる→翌日、彼氏が待ち合わせ場所に盗まれた自転車に乗りさっそうと現れる 

1 名前:Mimirφφ ★[] 投稿日:2007/12/18(火) 22:28:38 ID:???
泥棒の正体

「あたしの自転車がない!」
買ったばかりの電動自転車を盗まれてしまったのは、鄭州市に住む王さん。夜7時ころ、近くのスーパーマーケットで買い物をしているすきを突かれた。今月に入ってもう2度目の盗難。さすがに家族にも言い出せず、傷心の一晩を過ごしたその翌日。

「それ、あたしの自転車よ!」
盗まれたはずの電動自転車に乗って、さっそうと待ち合わせ場所に現れたのは、なんと先日付き合い始めたばかりの彼氏・林くんだった。王さんの再三の質問攻めに、ついに犯行を認めた林くん。「知らなかったんだ」と泣いて許しを請う彼氏を横目に、王さんは警察に通報、あえなく逮捕となった。知ってても知らなくても、ダメなものはダメ。【18日・東方今報】<河北>


http://news.nna.jp/free/mujin/070214_pek/07/1219e.html

続きを読む »

スポンサーサイト
Posted by foulking at 23:48 | TrackBack(0) | Comments(0) | 中国 | このエントリーを含むはてなブックマーク

けち臭いコリア「韓国はひどすぎる。必要な時は哀願するが、終わってしまえば知らん振り」 

1 名前:超イケメンマスク( ヽ´`ω´ )φ ★[] 投稿日:2007/12/18(火) 15:04:10 ID:???
2012年世界博覧会の開催地発表を1カ月後に控えていた10月。
フランス・パリに設置された麗水(ヨス)委員会現地本部の関係者らは、一日に何人ものパリ駐在外国大使館関係者や世界博覧会機構(BIE)各国代表と会っていた。 麗水支持を訴えるためだ。

ある大使館を訪れた時のことだ。明るい笑顔で「麗水を支持してほしい」と頼んだが、相手の表情は冷たかった。彼は「韓国はひどすぎる。必要な時は哀願するが、それが終わってしまえば知らん振りだ」と語った。東南アジアやアフリカで自然災害が発生した際、韓国はいつもこれを後まわしにしてきたということだった。 韓国側の関係者は赤面するしかなかった。

誘致活動を繰り広げた企業の関係者も似た話をした。麗水を広報するため韓国の経済力を強調すると大半の人はうなずくが、一部の人は不快な表情を見せたという。「ワールドカップ(W杯)とオリンピックの誘致に成功し、世界11位の経済大国に成長した韓国だが、われわれが助けてほしいと訴えた時には顔を背けたではないか」と言われたのだった。

今回の世界博覧会の表決当時、アフリカ・中東地域からはほとんど票を得られないと誘致委は分析した。モロッコの票田とはいえ、韓国がそれだけ国際社会で人心を失っているという傍証でもある点が、われわれの憂慮するところだ。

韓国の国民所得に対する援助比率は0.05%。 経済協力開発機構(OECD)傘下の開発援助委員会の平均値0.3%を大きく下回る。国連の2015年までの目標値(0.7%)とは大きな開きがある。今後、韓国が国際大会や行事を一つでも多く誘致するのなら、普段から票田を管理していかなければならないのは当然のことだ。

17日、パレスチナ支援国会合がパリで開催された。世界90カ国の代表が参加した。米国のライス国務長官、英国のブレア中東特使らだ。フランスのサルコジ大統領は開会のあいさつを述べた。世界のパワーリーダーらがそろって国際支援に関心を見せている。もちろん各国の利害がかかわっているからだ。

今回は韓国も外交部長官が出席し、援助国リストに名を連ねた。内容面では不十分だが、それなりの意味はある。自国の経済力を誇りながら他人の問題には首を振る国際社会の‘厚顔無恥族’から抜け出さなければならない時期だ。


http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=93937&servcode=100§code=120

続きを読む »

Posted by foulking at 20:00 | TrackBack(0) | Comments(3) | 韓国 | このエントリーを含むはてなブックマーク

韓国、国民の半分近くが映画の違法ダウンロードを経験 

1 名前:スカイキッド@スーパーミックスヂュース二号φ ★[sage] 投稿日:2007/12/18(火) 11:49:51 ID:???

 国民の2人に1人は、インターネットで1週間に約1本の映画を違法にダウンロードしていることがわかった。

映画振興委員会がこのほど世論調査機関のエムブレインに依頼し、全国15?49歳の男女2358人を対象に調査した結果から明らかになった。

 それによると、ここ1年間でインターネットのファイル共有サイトを通じ、無料または100ウォンほどの電子マネーで映画をダウンロードしたことがあるとの回答は47.3%だった。これら回答者の映画平均ダウンロード数は年間54.5本(週に1.1本)で、ダウンロードする大きな理由としては経済性(32.7%)、時間的な便宜性(20.9%)を挙げた。今後違法ダウンロードの取り締りが強化された場合は、映画館での鑑賞(34.3%)や合法ダウンロード(16.1%)に切り替えるとの回答が多かったが、違法ダウンロードを続けるとの回答も7.9%みられた。

 映画をダウンロードした経験がないと答えた人の場合、「複雑だから」との理由が28.0%で最も多く、次いで「ウイルスの危険」が18.3%で、「著作権侵害への懸念」は12.0%にとどまった。

ソース:聯合

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2007/12/18/0200000000AJP20071218001100882.HTML

続きを読む »

Posted by foulking at 20:00 | TrackBack(0) | Comments(0) | 韓国 | このエントリーを含むはてなブックマーク

黄禹錫博士が帰ってくる??保健福祉部、元教授所属の「体細胞胚研究計画書」を公式受理 

1 名前:力士 ◆RiKiCQzWKY @力士庶Oφ ★[sage] 投稿日:2007/12/18(火) 01:17:57 ID:???
★黄禹錫博士が帰ってくる?
20071217143012-1.jpg
幹細胞論文捏造疑惑で裁判中の黄禹錫(ファン・ウソク)元ソウル大獣医学部教授が再起を狙っている。

論文捏造と非倫理的な卵子獲得などの問題で、昨年3月、黄元教授の体細胞クローン胚研究承認が取り消されてから1年10カ月あまりたった。

17日、保健福祉部によると黄禹錫元教授の国内研究拠点である担当生命工学研究院が最近、福祉部に提出した「体細胞胚研究計画書」が13日、公式に受付されたことが確認された。

福祉部関係者は「11日、担当研究所から体細胞胚研究計画書を提出され、検討した結果、13日付で公式に受け付けることにした」とし「研究計画書には責任研究員ではないが、所属研究員として黄禹錫博士の名前が含まれている」と述べた。

黄禹錫元教授の側近によると6月から黄元教授はタイの某研究機関で幹細胞研究を続けながら再起のための本格的な準備を進めているということだ。しかし、黄元教授の裁判が進行中の状況で福祉部が研究を承認するかは未知数の上、人の皮膚の細胞を利用した逆分化万能(ips)細胞が患者個人型ES細胞の倫理問題を解決する代案として浮上した状況で、黄元教授が意図どおり再開することができるか注目される。

◇何を研究するのか
担当研究所は福祉部に提出した研究計画書で、既存に黄禹錫元教授が試みた患者個人型体細胞クローン胚研究を再開するという実験計画をうち出した。これは人間の卵子から核をとり除いた後、患者の体細胞核を卵子に入れて体細胞を複製し、各種疾病治療に使われる幹細胞を作る方法だ。

しかし、この方法は2005年、黄禹錫博士が患者個人型幹細胞を作ったと報告したが、虚偽だと明らかになった後、研究費支援と卵子寄贈がぱったりと途絶え、沈滞期を迎えた。一方、韓国の研究が進まないでいる間、米国科学者たちは霊長類では初めてサルの体細胞を複製し、幹細胞を作るのに成功、再び生命科学界の耳目を集めた。

◇ヒトクローン胚、実効性はあるのか?
しかし、変わった生命倫理法は、体細胞クローン胚研究をかなり制限しており、黄元教授の研究が法の枠の中で実現可能なのか、懐疑的という評価だ。現行法規中では事実上、体細胞クローン胚研究が成果を出すのには容易でないという話だ。

では担当研究所が体細胞クローン胚の研究計画書を提出した理由は何か。

これに対してこの関係者は「現在は卵子供与を厳格に制限しているが、今後、世界各国の研究成果が発表されて倫理問題に対する論議が解法を見出せば合理的に法が改定されることがあるのではないかという思惑がある」とし「それまでは法の枠の中でも研究を続けなければならないのが我々の宿命だ」と吐露した。

しかし黄元教授の再開にはもうひとつ障害物がある。

生命科学界の最近の研究の流れが人間クローン胚から皮膚の細胞を逆分化させて万能細胞(幹細胞)を作る方向に急転回する可能性が高くなったという点だ。

先月、米国と日本研究チームは、人間の皮膚の細胞に4種類の遺伝子をウイルスに載せて注入後、活性化させる方法で、幹細胞を樹立に成功したとネイチャーとセル誌にそれぞれ発表した。

その上、クローン羊ドリーを作ったイギリスのエジンバラ大学イアン・ウィルマット教授の場合、最近、人間のクローン胚放棄を宣言し「胚芽なしで幹細胞を生産する日本の科学者たちの新しい技術を支持する」と明らかにした。

これに対して担当研究所関係者は「今回の研究は皮膚細胞の逆分化を起こして幹細胞を作ったという点で画期的な新しい領域を開拓したという点は認める」としながら「今、よちよち歩きを始めた段階で、ウイルスによるがん細胞の発生問題を解決しなければならないことに比べ、体細胞クローン胚研究は、すでに全臨床段階も動物実験も終わった段階であり、速度の面で差がある」と述べた。

◇ 黄禹錫博士、カムバックは可能か
黄元教授が国内研究を再開するためには担当研究所が提出した研究計画書が疾病管理本部傘下研究計画審議委員会の承認を受けなければならない。

福祉部関係者は「審議委では研究計画だけではなく、研究員たちに体細胞クローン胚の研究を遂行する資格があるかも、同時に検討することになる」とし「現在、黄博士に対する裁判が進行中なので、審議委が法令で規定した胚芽の研究計画書承認手続きに合うように判断するだろう」と述べた。

匿名を要求した生命科学界のある関係者は「もちろんまだ裁判が進行中ではあるが、体細胞クローン胚研究の強化された倫理基準を作るのに原因を提供した黄元教授が参加する研究を、果たして福祉部が許容するかはかなり懐疑的だ」と話している。

結局、黄元教授のカムバックは遅くても2月末か3月初めに結論が出る予定だ。研究計画審議委員会は研究計画書が提出されてから90日以内に決断を出さなければならないからだ。 (了)



(YONHAPニュース 2007.12.17 14:10:12)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=93895

続きを読む »

Posted by foulking at 20:00 | TrackBack(0) | Comments(9) | 韓国 | このエントリーを含むはてなブックマーク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。