2007 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by foulking at --:-- | トラックバック(-) | Comments(-)スポンサー広告 | このエントリーを含むはてなブックマーク

ミシュランに韓国料理が選ばれなかったのが残念だったので「最初から調査対象外だったのか」と聞いたら呆れられた 

1 名前:出世ウホφ ★[] 投稿日:2007/12/21(金) 17:32:46 ID:???
【コラム】名料理人は一日にしてならず

25e55461.jpgかつて日本では「東の清香園、西の食道園」が韓国料理の名店として並び称されていた。在日韓国人1世の張貞子(チャン・チョンジャ)さんが東京に清香園をオープンしたのが1952年、林光植(イム・グァンシク)さんが大阪に食道園をオープンしたのが48年だから、日本における韓国料理の歴史もすでに60年近くになる。この間、食道園には美空ひばりや力道山といった朝鮮に出自を持つ不世出の大スターらが常連として訪れ、清香園にも李承晩(イ・スンマン)元大統領や張勉(チャン・ミョン)元副大統領、全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領といった大物が足を運んだ。

張貞子さんと林光植さんはいずれも創業者であると同時に、料理人でもあった。2年前、85歳になった張貞子さんは、半世紀にわたって蓄積してきた韓国料理のノウハウを著書『時の香り』で公開し、話題となった。その後日本には数え切れないほどの韓国料理店が登場した。

焼肉が全国に広まり、韓国料理店が進化した焼肉店が、刺身料理よりも普遍化し、日本のサラリーマンに最も人気のある料理として定着した。数カ月前、日本で『The 焼肉ムービー プルコギ 』なる映画が公開されたのも、韓国料理に対する関心の高さを示している。焼肉名人の境地に達した在日韓国人の兄弟が「最高のプルコギ」をめぐって競い合うというストーリーだが、残念なことに作品の完成度が低く、興行的には失敗した。

日本でのこうした知名度の向上とは裏腹に、今韓国料理店に好ましくない変化が起きている。有名な料理店が増える一方で、まともな料理人がいる店が減っているのだ。その原因として次の二つが挙げられる。まずは韓国料理ブームに便乗し、料理も知らないいわゆる「ニュー・カマー」たちが厨房(ちゅうぼう)を担当する料理店が雨後の竹の子のように登場したことだ。もう一つは、一財産築いた1世たちが自分の子どもたちを厨房に立たせなかったため、技術が伝承されなかったことだ。いずれも店の経営と、肝心な料理とが分離してしまう結果を招いた。そのため、韓国料理店から名人級の料理長が輩出されなくなってしまった。

最近の有名店である東京は白金台の「高矢禮(ゴシレ)」も、有名なのはオーナーがペ・ヨンジュン氏だからであり、六本木の「真露(ジンロ)ガーデン」や「五味(オミ)」が有名なのも、それぞれ焼酎メーカーの真露とレジャー産業大手のパラダイス・グループが経営している店だからだ。名人級の料理長がいる店といった評判は、最近めっきり耳にしなくなった。

先月出版された『ミシュランガイド東京版2008』は、世界でも最も多い150店に星が与えられたことで話題となった。選ばれた150店のリストには日本料理やフランス料理、イタリア料理、スペイン料理、中国料理が名を連ねたが、日本で60年近い伝統を誇る韓国料理は1店もなかった。それが残念で仕方なく、ミシュラン側に対し「最初から韓国料理は調査対象に含まれていなかったのではないか」と尋ねたところ、ややあきれた調子で「そういった区別をするはずがない」との答えが返ってきた。

その後認証式の場面をテレビで見ていて、記者の疑問は解けた。最高級に当たる「三つ星」の栄誉を勝ち取った日本料理の5店から店の主人が出席したが、そのうちの4人は仕事着を着て出席した。中でも寿司屋の「すきや橋次郎」の主人、小野二さんは82歳の高齢にして今でも寿司を握っているという話だった。またこの店をはじめ、店名に料理長の名を冠した店が5店のうち3店を占めていた。

それ以来、韓国料理店に行くたびに、店の様子を観察するようになった。ほとんどの店では厨房で従業員が決められた通りにスープを調理している一方、主人は韓国の連続ドラマを見ながら暇そうにしており、やることといったら手が足りないときだけキムチやカクテギ(大根のキムチ)を盛りつける程度だった。こんな調子では、サラリーマンの胃袋を満足させることはできても、ミシュランから星をもらえるはずがない。一流と二流には根本的に違いがあるのだ。仮に経営者を100回入れ替えても、厨房で心血を注いで料理する料理人の姿が無ければ、一流になることなど不可能だろう。

朝鮮日報/朝鮮日報JNS 東京=鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員

http://www.chosunonline.com/article/20071221000066
http://www.chosunonline.com/article/20071221000067

続きを読む »

スポンサーサイト
Posted by foulking at 23:40 | TrackBack(0) | Comments(0) | 韓国 | このエントリーを含むはてなブックマーク

さらば、盧武鉉 

1 名前:超イケメンマスク( ヽ´`ω´ )φ ★[] 投稿日:2007/12/20(木) 17:40:43 ID:???
1152851.jpg米ハーバード大の学風は概して進歩的です。同大があるボストンが、進歩的な米国民主党の本拠地ということもありますが、何よりも進歩的な考えを持った教授陣が同大の主流を成しているからです。民主党のクリントン前大統領の下で財務長官を務めたローレンス・サマーズ前総長でさえ、イラク戦争を支持する発言をしたがゆえに「右派」扱いされたのは、同大の学風がいかに進歩的であるかを示すものです。

このため同大では、韓国の故・朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領に対する評価もあまり芳しいものではありません。「朴正煕」の名が出てくるときにはいつも、その前に「独裁者」という修飾語が付いてきます。

ところが最近になって、朴元大統領に対する同大の評価は大きく変わっています。それはまさに中国のためです。トウ小平が中国を文化大革命の混乱から救い、経済大国へと変貌させたことで、トウ小平と似たような実績を残した朴元大統領が再評価されているというわけです。昨年、歴史学を専門とする同大のエズラ・ヴォーゲル教授は、本紙のインタビューに対し、「朴正煕が韓国を警察国家にしたとき、私たちは非常に怒りを覚えた。しかし同時に、朴正煕がいなかったら今日の韓国の繁栄もなかったと思う」と答えています。

中国や韓国ですでに立証されたように、たった一人の指導者によって、国の運命や未来が大きく変わり得るということには、異論を挟む余地はありません。ハーバード大経済学科のドワイト・パーキンス教授は、指導者のリーダーシップが国の経済成長に与える影響を詳細に分析しています。

一般的に、経済成長は資本や労働力の投入に比例するということがよく知られています。しかし、毛沢東が文化大革命を主導した時期と、トウ小平が改革・開放を推し進めた時期とでは、資本や労働力の投入量はほとんど変わらなかったにもかかわらず、後者が前者の2倍以上の経済成長率を達成したのです。これこそがまさに「隠された秘密」、つまり指導者の違いなのです。トウ小平の偉大なところは、それまで中国が踏襲してきたソ連共産党のやり方を捨て去り、時代の流れに合わせて西側の資本主義のやり方を取り入れた、その見識と勇気だったのです。

多くの専門家たちは、今回の韓国の大統領選が、過去5年間の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の失政に対する審判であったという見方を示しています。さらに一部の識者の中には、「審判」ではなく「怒りの鉄槌」であったという過激な主張をする人さえもいます。

盧武鉉政権がこれほどまでに世間から見放された最大の理由は、「自由の拡大」という時代の流れに逆らったためだと言えます。「分配」を追い求めるにせよ、「成長」を追い求めるにせよ、国民の良心を信じ、自由を拡大させる方向で政策を展開していかなければならないものです。これこそがまさに「小さな政府」なのです。ところが盧大統領は、政府があらゆる政策を主導する「大きな政府」に固執したのです。「小さな政府」が理想的とされる理由は、市場に関する主な決定を、市場をよく知る民間人が下すことになっているからです。市場をよく知らない青瓦台(大統領府)や官僚たちが机上の論理で推し進め、その結果大失敗に終わったのが、まさに盧政権の不動産政策です。また、大学修学能力試験(日本の大学入試センター試験に相当)をレベル分けするなど、大学入試に干渉し、韓国の教育までダメにしてしまいました。

「大きな政府」は、経費をただ増やすだけで、経済にとっては「毒」になるものです。また、必然的に税金が上がることによって、国民はその成果を問うことになります。果たして国民の生活は安定しているのか、就職率は上がったのか、犯罪率は下がったのか、といったことです。しかし、「税金爆弾」の雨を降らせ、あらゆる規制を強化しながら、実績はむしろ下がる一方という有り様では、国民は政府に対し失望と怒りを覚えるだけなのです。

韓国において、朴正熙元大統領と盧武鉉大統領は、国家の指導者というものがいかに重要であるかをよく表わす格好の事例になったと言えるでしょう。まさにこの教訓こそが、盧大統領が残した遺産なのかもしれません。


http://www.chosunonline.com/article/20071220000070
http://www.chosunonline.com/article/20071220000071

続きを読む »

Posted by foulking at 18:59 | TrackBack(0) | Comments(0) | 盧武鉉 | このエントリーを含むはてなブックマーク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。