2007 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by foulking at --:-- | トラックバック(-) | Comments(-)スポンサー広告 | このエントリーを含むはてなブックマーク

日本・アラブ会議 中東諸国から熱い視線 でも、なぜ「東方に目を向け」、その「東方」が中国や韓国でなく、日本なのか 

1 名前:死にかけ自営業φ ★[] 投稿日:2007/12/25(火) 11:57:04 ID:???
20060303172809.jpgイラク問題、パレスチナ問題、そして最近の原油の高騰……。やはり、今年も世界情勢の関心の中心の一つは、アラブ世界だった。でも、依然として一般の感覚からは、遠い国々であることも変わりない。

そんなアラブと日本の経済・政治・文化など幅広い分野の人々が一堂に会する初の日本・アラブ会議が先月エジプトで開かれたという。そのテーマが「新しい夜明け 東方に目を向けるアラブ」と聞いて、少々、意外でもあった。

2日間の会議に参加したのは、エジプト、湾岸諸国など17カ国から約150人。日本からは、政治家や企業経営者、学者、そして映画の山田洋次監督ら芸術分野も含め約100人。

参加者の一人、山内昌之・東大教授(国際関係史)によれば、外務省や国際交流基金の後押しで4年前にスタートした政治・経済が中心の日本・アラブ対話フォーラムの積み重ねが生み出した試みだという。

でも、なぜ「東方に目を向け」、その「東方」が中国や韓国でなく、日本なのか。山内教授は、西欧諸国から長い植民地支配を受け、独立後も西欧モデルの近代化を目指したが、どこかうまくいかないという反省がその底にあると見る。

それに比べて、日本の明治維新からの急速な近代化や、戦後の経済成長への評価が高まっている。さらに、かつて「ルック・イースト」を唱えたマハティール首相がいたマレーシアなど、イスラム色の強い国の経済発展への関心も強いという。

分科会では、アメリカに追随する日本の政治姿勢へのアラブ側からの注文も出たが、日本側も、NGO、NPOを含め中東の民生の安定に対する多重的な貢献を素直に訴えた。「アメリカ、中国だけに目をむけがちな日本外交に中東をきちんと位置づけるきっかけとしては、大きな意味があったのでは」と山内教授。

振り返って、これでいいのか、ということが多かったこの国。でも、遠い地から、その過去からの姿を注目してくれる人々がいるというのは、面はゆくも、また少し、うれしい。


ソース 朝日新聞
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200712250070.html

続きを読む »

スポンサーサイト
Posted by foulking at 17:15 | TrackBack(1) | Comments(1) | 朝日新聞 | このエントリーを含むはてなブックマーク

韓国映画の日本興行、今年も全敗?プロモーション費用や劇場数減少 

1 名前:蚯蚓φ ★[] 投稿日:2007/12/24(月) 19:58:11 ID:???

200712241537141126_1.jpg(マイデイリー)韓国映画が去年に引き続き今年も日本で観客たちに徹底的に疎外を受けた。

今年、日本で封切られた韓国映画は「卑劣な街」「国境の南側」「秋へ」「私たちの幸せな時間」「アパート」「その時彼らは」「初雪の恋」「美女はつらいよ(邦題:カンナさん大成功です!」「ホロビッツのために(邦題:私のちいさなピアニスト)」など10編以上ある。

「卑劣な街」「私たちの幸せな時間」「美女はつらいよ」は韓国国内で興行的に大成功だった作品であり、それぞれ韓流スター、チョ・インソンが主演を引き受けた映画、日本のマンガを原作に製作された作品などの理由で期待された。しかし、日本の興行通信の集計の結果、韓国映画は今年ただの一編も日本のボックス・オフィス10位圏内に入ることができなかった。

去年「グエムル」がボックス・オフィス7位を記録してから1年以上、日本で韓国映画は興行を記録することができない。わずか3年前「外出(邦題:四月の雪) 」と「私の頭の中の消しゴム」が300万を越える観客と数十億ウォンの興行収入を記録したことと比べると急激な没落だ。今年、日本で一番良い興行成績を記録した韓国映画は今月初めに封切られた「美女はつらいよ」のボックス・オフィス12位だ(封切り初の週末21万1360ドル収入)。

韓国映画の日本輸出は一時300万ドルまで版権金額が高騰したが、最近ソン・スンホン、クォン・サンウの‘宿命’が200万ドルで販売されたのを除けば、100万ドルを越えるものが見つからない。ある映画配給会社関係者は「韓国映画が日本でずっと興行に失敗しており、プロモーション費用が減り、封切りスクリーン規模も大きく減っている。爆発的な興行を記録しにくい構造で封切られている」と説明した。

しかし、日本映画は今年、韓国国内でマニア層を対象にで連続して人気を呼んでおり、国内で期待以下の成績を記録したと評価された木村拓也の「HERO」も封切り初めの週のボックス・オフィス4位を記録して多くの関心を集めた。


ソース:マイデイリー(韓国語)韓国映画今年日本で興行全敗 マイデイリー(韓国語)
http://www.mydaily.co.kr/news/read.html?newsid=200712241537141126

続きを読む »

Posted by foulking at 17:15 | TrackBack(0) | Comments(0) | 韓国 | このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年の韓国を象徴する言葉は「自欺欺人」(自分自身と他人を欺くこと) 

1 名前:死にかけ自営業φ ★[] 投稿日:2007/12/24(月) 13:55:40 ID:???
20070827_5345.jpg【12月24日 AFP】韓国で24日、「2007年の言葉」が発表され、大企業の不正行為や政治家の学歴詐称などが相次いだ世相を反映して「自欺欺人(ja-gi-gi-in、自分自身と他人を欺くこと)」という漢字4文字が選ばれた。新聞各紙が報じた。

この言葉は大学教授340人が選んだ。選出に参加したある教授はコリアン・ヘラルド(Korea Herald)紙に対し、「『自欺欺人』とは、行き過ぎた願望によって引き起こされるものだ」と語り、「この1年を通して大企業の道徳的鈍感さ、政治家による学歴詐称、論文盗用などが韓国社会に衝撃を与えた」と語った。

韓国では今年、有名な美術館館長による学歴詐称が発覚したことをきっかけに、意図的でないものも含め同様の学歴詐称行為が次々に露見。またサムソン(Samsung)グループが、贈賄用に大規模な裏金を不正蓄財していたとして特別検察官による捜査対象となる事件も発生した。

このほか数人の政府職員が汚職によって辞任を余儀なくされ、次期大統領に選出された李明博(イ・ミョンバク、Lee Myung-Bak)氏は、本人は否定しているものの、2001年の株価不正操作疑惑で独立調査官による調査対象となっている。(c)AFP

ソース AFP

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2329347/2475049

続きを読む »

Posted by foulking at 17:15 | TrackBack(0) | Comments(0) | 韓国 | このエントリーを含むはてなブックマーク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。