2007 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by foulking at --:-- | トラックバック(-) | Comments(-)スポンサー広告 | このエントリーを含むはてなブックマーク

李明博・次期大統領:「10年以内に日本に追いついて、世界7大強国になる」 

1 名前:犇@犇φ ★[] 投稿日:2008/01/01(火) 18:15:04 ID:???
■李当選者:「10年以内に日本に追いつく」

up14387.jpg李明博(イ・ミョンバク)大統領当選者は1日、「2008年、今からきちんとやれば10年以内に日本に追いつき、中国とは良い競争パートナーになることができる」と語った。

李当選者は、ソウルで開かれた大統領職務引継委員会で開かれた初顔合わせで、「目標は明確でなければならない」としたうえで、「いつまでも『サンドイッチになった』と(言葉だけで)やっていてもどうにもならない。10年以内に世界7大強国になるとの目標を達成して初めて、日本と中国の間で独自の存在になれる」と述べた。

李当選者は、「そうした面から、セクショナリズムに染まった小児病的考えでは、私たちが目標とする大韓民国を作ることができない。どの部署から来た人でも、自分の部署の利益を主張するために代表として出てきたと思ってはいけない」と注文した。

李当選者は、「少なくとも2ヵ月間は私を捨てて、どうすれば先進国化できるか、国がちゃんと生きていけるのかに全力を捧げてほしい。皆さんが作る文書に魂を込め、実践に移せるようにしてください」と頼んだ。李当選者は、「ここで国のために身を捧げねばならない。権力のある人とコネと作って、そのお陰でうまいことやりたい、などという考えを持っていては、我が国には希望がない」と指摘した。

▽ソース:KUKIニュース/Yahoo!Koreaニュース/Naverニュース(韓国語)(2008.01.01 17:13)

http://www.kukinews.com/news/article/view.asp?page=1&gCode=pol&arcid=0920769465&cp=nv
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=10&articleid=20080101171528618e5&newssetid=80
http://news.naver.com/news/read.php?mode=LSD&office_id=143&article_id=0000082883§ion_id=100&menu_id=100

続きを読む »

スポンサーサイト
Posted by foulking at 21:35 | TrackBack(0) | Comments(0) | アキヒロ | このエントリーを含むはてなブックマーク

「敗者に対する礼儀」はどこへ??敗北した韓国選手を侮辱する日本選手、民族差別発言まで 

1 名前:蚯蚓φ ★[sage] 投稿日:2008/01/01(火) 11:53:15 ID:???

2008010100168_0.jpg[OSEN]敗者に対する礼儀は、これで良いのか。先月31日、日本のさいたまスーパーアリーナで開かれたK-1ダイナマイトとやれんのか!に参加した崔洪万(チェ・ホンマン)、崔龍洙(チェ・ヨンス)、金英賢(キム・ヨンヒョン)、鄭富競(チョン・ブギョン)が全敗の痛みにあった。また秋山成勲(チュ・ソンフン)も負けた。

しかし敗北だけでも辛いのに一部の選手の場合、負けた後、もう一度勝者である日本の選手たちによって'切り刻まれる'痛みを受けなければならなかった。特にチェ・ヨンスを3ラウンド51秒でTKO勝ちで圧倒した魔裟斗は「パンチで倒したかった。(審判が)もう少し早く止めてもよかったのに。大みそかは残酷なのはよくない。相手のパンチは効いていない」と言及、ボクシング世界チャンピオン出身であるチェ・ヨンスに対する配慮がなかった。一方、初敗北を喫したチェ・ヨンスは「序盤にもらったハイキック以外はダメージはなかった。我慢して判定にと思ったが、力不足は自分の責任」と完敗を認めた。

これよりもっとひどかった日本人ファイターは秋山成勲を倒した三崎だった。彼はKOで敗北した直後、顔面から血を流しながらも祝福に来た秋山成勲を押しのけたし、甚だしくは秋山成勲をつかまえて「子供と格闘ファンを欺した」と言う説教までした。去年、秋山-桜庭戦の「クリーム事件」を暴き出して自分が代理の復讐をやりこなした、という自我陶酔だった。

しかし、日本ファンたちの間で今なお卑怯者の烙印を押された秋山は敗者に対する配慮を全くしない三崎によって二度死んだことになった。引き続き三崎は「日本人は強い」と声を上げるなど、密かに韓国系である秋山を侮辱する民族差別性発言までした。また「柔道万歳」と言う秋山特有のコメントを盗んで使うなど水準以下の傲慢なマナーに一貫した。

また試合自体でも三崎はすでに倒れていた秋山に向けて殺人的足蹴りをしたが、これは厳然なルール違反だった。しかし、大会主催側の日本人は「秋山成勲がこれから反省する心で戦ってくれたら良い。」と寸評、秋山成勲を加害者のように責めた。

ソース:朝鮮日報(韓国語)K-1、'敗者に対する礼儀'はどこへ?

http://spn.chosun.com/site/data/html_dir/2008/01/01/2008010100168.html

続きを読む »

Posted by foulking at 13:32 | TrackBack(0) | Comments(0) | 韓国 | このエントリーを含むはてなブックマーク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。