2007 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by foulking at --:-- | トラックバック(-) | Comments(-)スポンサー広告 | このエントリーを含むはてなブックマーク

日本が世界に生魚を食べさせるまで?焼肉で世界を制覇しようとする韓国人料理人にいい参考になるかも 

1 名前:Mimirφφ ★[]投稿日:2008/01/27(日) 23:43:21 ID:???
20070129117008264381835700.jpg午前5時、東京にある広さ23万平方メートルの築地魚市場のセリ場には、ゴム長靴を履いたマグロの仲買人約400人がぞろぞろと集まってくる。わずか三日前まで北大西洋・地中海・太平洋で泳いでいた数百匹からは冷気が漂う。5時30分、セリの開始を告げる鐘が鳴る。すると仲買人たちは一斉に暗号のような言葉や合図を交わす。セリは10分前後で終わるが、取引額は一日数百万ドルに達する。

1972年に日本航空が飛行機でマグロの運送を開始して以来、築地魚市場は「マグロ流通のメッカ」になった。すしが世界各地で食べられるようになって以来、マグロは爆発的な人気を呼んでいる。

『すしエコノミー』(ヘネム社刊/原題『The Sushi Economy』)の著者、サーシャ・アイゼンバーグ氏(27)は5歳のとき、すしに一目惚れしたアメリカ人記者だ。アイゼンバーグ氏は1年半もの間、5 大陸14カ国を回った。マグロを捕るカナダ人漁師、築地魚市場の仲買人、マグロの養殖で大金持ちになったオーストラリア人漁師、国際機関が定めた漁獲量規制を破り違法操業する地中海の「マグロ海賊」、カリスマすし職人など、さまざまな人々に会った。同氏はすしの由来や生産流通・消費をパノラマのように一目で分かりやすく示してくれた。

続きを読む »

スポンサーサイト
Posted by foulking at 19:41 | TrackBack(0) | Comments(3) | 韓国 | このエントリーを含むはてなブックマーク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。